双極性障害ⅱ型の知識を身につけよう|心の病気改善ガイダンス

女の人

再発を防ぐことが大切

医者

病気を認める

双極性障害ⅱ型の人もⅰ型の人も、自分自身が病気であると認められない人が多いですが、これは治療を行っていくうえで妨げになってしまいます。身体的な病気の場合は自分でも自覚症状があったり、治療すれば治ると思えるため病気であることを認めるのはもちろんのことで、むしろ積極的に治療する人が多いです。精神的な疾患になると、自覚がないためどうしても病気だとは思えず、治療をしなくても気の持ちようでなんとかなると思ってしまいます。これが原因で薬の服用をしっかりしなかったり、通院を止めてしまって症状が悪化したり再発することがあります。双極性障害ⅱ型は型よりも症状が重く無い分、治りも良くない傾向にあります。そこで、自分で病気であることを認めて受け入れることで治療も進められるようになります。双極性障害ⅱ型もⅰ型も発症すればそれは病気なので、自分だけで治そうとは思わずに病院で治療を受けた方がずっと負担が軽くなり本人も楽になれるということを理解する必要もあります。

周りのサポートの仕方

双極性障害ⅱ型の回復には、少なからず周囲に居る人間のサポートが必要になってきます。治療を良い方向にもっていくためにも、再発を予防するためにも周りの協力が無くてはならない存在です。躁状態の時であれば、病気の影響で自分がとても偉く立派であると思い込んでしまうため、普段は大切に思っている周りの人間に対して、態度が悪かったり、失礼な発言や行動をとってしまうことがあります。鬱状態になればそんな症状もなくなりますが、周りの人間が感じるストレスも計り知れないものがあります。でもそれは病気が作用していることなので、患者が普段の本人に戻れるようにサポートしていくことが大切です。患者本人は躁状態の時よりも鬱状態の時の方が辛いと感じますが、周りの人間は逆に躁状態の時の方が辛く、鬱状態の時の方が負担が少ないと感じることが多いです。この溝を埋めてくれるのが主治医なので、薬物療法と精神療法をしっかり受けながら患者本人と主治医、家族皆でサポートしていくことが大切です。